あなたの食生活についての調査

 

摂食障害の病態と行為

次に摂食障害の病態と行為について述べる。そもそも「摂食障害」とは食行動の異常を指す。食べ物ではないものを食べる「異食」、また食べたものを吐いてしまう「反すう」も「摂食障害」の一部である。しかしこれらは主に幼児期に多いものであり、思春期に多い「神経性食欲不振症」と「神経性過食症」に焦点が向けられる。そしてこれらは前者を「拒食症」後者を「過食症」と呼ばれることが多い。

「拒食症」の行動には不食や激しい運動がみられる。また身体的な症状として生理がとまり、低体温となり、身体全体にうぶ毛が目立つようになる。さらに内分泌系の異常や脱水症状、低血糖などすすみ、ついには生命の危険へとつながる。

しかしそのうち人によって個人差があるが、それまで必死に抑えていた食欲が抑えることができなくなってくる。食べる量がだんだんと増加し、止まらなくなる。そして大量に食べ物を摂取した自分に対して自己嫌悪に陥り、太る恐怖でいっぱいになる。

川崎でマンスリーマンションをお探しなら

小顔矯正 口コミ

seo対策

RMT 最安値